インターネット回線や速度について

インターネット接続設定

Toppa(トッパ)に新規加入でも乗り換えの場合でも、インターネットに接続を行なうためには、あらかじめ接続設定を行なう必要があります。NTTのCD-ROMを利用すれば、簡単に作業を行うことが出来るので便利です。もしそのCD-ROMが無い場合には、ネットに繋がったPCで専用のポータルサイトにアクセスを行い、会員サポートのカテゴリに方法が掲載されているため、それを一つ一つ確認しながら行なうことも出来ます。特にネットに繋がらない環境であれば、他のインターネットに繋がっている環境で手順の部分をあらかじめ印刷を行なっておくと良いです。その方法は、ひかり電話対応機器をルータにするため、そのToppa(とっぱ)専用のアドレスやパスワードの設定作業を行う形になります。有線LANでネットワーク接続されている場合は、Windows7とWindows8の種類に応じて作業手順が若干、違うことに注意すべきです。ほとんどがStepの手順に従って、アドレスとパスワードを入力するだけの作業となり、接続が完了すれば接続が確認できる旨の表示がなされることもあり、簡単に行うことが出来ます。もしその方法が解らない場合には、電話やメール等でお問い合わせをすることでサポートもしてくれます。

下り重視のインターネット接続

ADSL回線は光ファイバー回線が広まった今日においても根強い人気があります。各社では両方のプランが提供されているのが一般的ですが、サービスが提供されている地域が広く、価格も若干安価であるADSLは日常的な用途には十分な回線速度もあり、回線工事も不要であることから光ファイバー回線への切り替えはあまり積極的には行われていません。近年プロバイダ業界に参入したToppa(トッパ)もまたこの両回線のプランを提供していますが、特にADSLについてはNTTのフレッツ・ADSLに対応した接続サービスを準備しています。上り速度よりも普段の使用では重要となる下り速度を重視したインターネット接続サービスを提供することで、Bフレッツには劣るものの快適な接続環境を作り出しています。この方法が実際の通信速度にどう影響してくるのかということが議論になったこともありましたが、接続環境に依存するところが大きいものの、平均すると他社のものと同等の接続環境を実現できています。インターネット接続費用が安いことを考えると得をしたとの口コミをしているものもよく見受けられることから、概してユーザーの満足度が高いADSLプランになっていると言えるでしょう。