解約関連

Toppa(とっぱ)の解約方法

Toppaの解約のやり方でインターネット契約の場合をご紹介します。 契約しているプランの手続きは、契約者本人から電話か、メールで連絡をします。 その際に、最低利用期間内に解約を希望する場合には、契約解除料を請求されるので期間内かどうかを確認しておきましょう。 通常コースは、利用開始月から2から3年間を最低利用期間と決められており、バリューコースは、利用開始月から3年間を最低利用期間と決められています。 そのため、利用開始月から最低利用期間内に、契約者の都合によって希望をした場合には、契約解除料が発生します。 この料金は、利用開始から月数が短いほど高くなります。 また、コースに寄っても料金がそれぞれ定められているので、確認をするか事前に問合せをしてから検討するようにしましょう。 契約者の事情があるでしょうが猶予がある場合には、最低利用期間内までは契約を続けておく方が料金が発生しないからです。 その後は、Toppa(トッパ)のメール、ユーザーツールの利用は出来なくなります。 さらに、無線LAN機器等をレンタルされている場合には返却の義務が発生しますので、注意をして下さい。 もしも、返却出来ない場合には、違約金を別途請求されるようになります。

Toppa(トッパ)の解約理由について

Toppaに一度、加入を行なえば大抵の場合、その利用を継続されることとなるのが一般的です。ただ当然、契約してサービスを受けている中で不都合な点があったり、インターネット接続環境自体が不要になったといったケースにおいては、解約を行なうことが出来ます。 その仕方については、サービスセンターに電話をするか、Eメールをすることで担当者とやりとりする中で行なうことが出来ます。よくある理由には他社のサービスが魅力であること、サービスの利用とプランが折り合わないこと、期待したサービスを受けられていないこと、引越し等の事情が生じたことです。 その理由によっては、サポートに相談を行なえば改善されたり、より魅力的なサービスを受けられる可能性もありますので、サポートに一度、相談することで解決して、Toppa(とっぱ)を継続的に活用した方が良いケースもあります。特にサービスの利用とプランが折り合わないケースにおいては、サポートに相談することで適切なサービスを受けることが出来るプランに変更することが出来たりします。 また引越しのケースでは、手続きを行なえば移転先でも継続して利用することも可能となります。プロバイダ契約では、解約料がかかるケースも多いので出来るだけ継続して利用することが望ましく、慎重に検討することが大切です。